内臓の機能が良くなる技法

内臓の機能が良くなる技法

自分は若い時から内臓の機能があまり強い方ではなくて、幼少の時から標準体重よりもかなり低くて、
生まれ付き無意識の影響があったと思います。まず、複式呼吸を何回かした後に鼻から息を抜きながら下腹に少し圧力をかけ内臓に気が集まるように何回かすると内臓全体が温かくなり内臓が活発になります。
それと食後1時間ぐらいはしないようにしてくださいね。
但し内臓が活発になり体重が著しく増えますので、自分で自己管理がいる事もあると思いますよ。
内臓に気ボールを作ると思ってしても良いと思います。
胃とかの内臓に潰瘍がある場合はこの技法は中止して、手、足全体に気を集めた方が良いと思います。
内臓に病気がある場合は係り付けの医師などに必ず相談してください。
作用、副作用も自分の体験上あると思います。
何事も中道が大切な事だしあまりやり過ぎるとホルモンバランスが崩れかねませんので、注意しながらしてくださいね。
良くチャクラの覚醒に集中瞑想とかして、チャクラの目覚めを目的にして、自己流でチャクラ開発を行なっている人がいますが、
内臓にチャクラ集中するとすい臓とかのバランスも崩れることもありますので、経験豊富な師匠とかヨガの導師とかそれに医師に必ず指導、相談を受けるようにしてくださいね。
例えば普通の放出量が10だとするとチャクラの目覚めた人は100~1000という大きな放出量が表れると言われます。
〔クンダリニー覚醒で、その道で知らない者はいないと言われる巨匠の本山博氏などもチャクラを測定したりチャラ覚醒のワークなどしてますから詳しく知りたい方は相談などしては良いと思います。〕
それもひっくるめて、ヨガの導師とか講師とかにちゃんと指導されるほうが良いと思いますので、問い合わせしてください。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 係り

    Excerpt: Weblog: racked: 2007-09-22 17:36