白隠禅師の健康法軟酥(なんそ)の法

禅僧、白隠禅師は臨済宗の興の祖として知られた人物だそうです。
猛烈な禅修行を始めましたが、頭はのぼせ上り、身体が氷雪のように冷えて、心は疲れ切って、夜も眠ることができず、幻覚を生ずるようになりまして、頭脳暖にして火の如し」「両眼常に涙を帯ぶ」「食消化なし」「衣に暖気無し」など十二の病状が現れたという。いわゆる「禅病」であったと言うものです。やがて白隠禅師は山中に棲む白幽という仙人から、養生と病気の予防について『軟酥の法』を授けられて、やっと克服することができたそうです。

『軟酥の法』
卵ぐらいの大きさの軟酥の丸薬を頭上に乗せたとイメージする。酥とは牛乳や羊の乳を煮つめた練乳(バターのようなもの)頭全体を潤し、ヒタヒタと水が浸透するように下りてきて、丸薬が頭上から足の裏まで流れ込んでくると想像する。
香りの色や清らかな卵ぐらいの軟酥を頭上に乗せて、それが身体の下部、両肩、両腕、、乳房、胸、肺、肝臓、腸、胃、背骨、尾骨へと流れていくように観ずる。

基本的な考えは頭寒足熱(下腹部から下肢および足の裏まで温かくし本来の健康体に近付ける技法だと思います。
自分でアレンジ〔カラーセラピー、呼吸法〕などを組み合わせて行なうのも良いと思いますよ。
この『軟酥の法』健康法は、自己健康法としてもすぐれた健康法と考えまして、ここに紹介いたしました。
詳しくは坐禅和讃の専門書とか専門家に問い合わせしてみてください。







"白隠禅師の健康法軟酥(なんそ)の法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント